自分はフリーコンサルタントになれる?タスクの内容やフリーコンサルの働き方など

コンサルティングの需要が様々な分野で高まり続けている現在、フリーランスのコンサルタント(フリーコンサル)として活躍するプロフェッショナルが増加しています。
ただ、フリーランスのコンサルタントとして独立したいと考えていても、具体的にどんなタスクが割り振られるのか、フリーコンサルの働き方はどのようになっているかなど分からない人も多いかもしれません。
 
この記事ではフリーランスのコンサルタントに求められるタスク内容や働き方を具体的にご紹介します。
この記事を読んで、あなたもフリーコンサルとしての一歩を踏み出しましょう。

フリーコンサルとは

フリーコンサルタントとは、コンサルティングファーム等の組織に所属せず個人で独立してコンサルティング業を行うコンサルタントのことです。
これまで培った専門的な知識や経験・スキルを活かしてクライアントに対してアドバイスや改善業務を行います。

個人事業主という形態をとる人が多いですが、法人名義で活動する場合もあり、業務委託契約を締結してクライアントを支援します。
コンサルティングファーム等に所属しているコンサルタントとは異なり、仕事の報酬や働く場所などを自分で決めることができます。

では、具体的にフリーコンサルにはどんなタスクが割り振られるのか、扱いはどのようになっているかなど、この記事でご紹介します。

発注元クライアント別フリーランスコンサルタントの働き方・タスク内容

フリーコンサルタントの働き方やタスク内容は、まず発注元となるクライアントのタイプによって異なります。
発注元のクライアントのタイプには大きく分けて事業会社とコンサルティングファームの2つがあります。

1つ目のタイプは、コンサルティングを必要としている事業会社が、直接コンサルタントを依頼するパターンです。
複数のフリーコンサルタントでチームを組んでコンサルティングを行ったり、事業会社に入り込んで社員と同じような働きをする場合などがあります。

2つ目のタイプは、コンサルティングを必要としている事業会社から依頼されたコンサルティングファームが、フリーコンサルタントを依頼するパターンです。
コンサルティングファームの社員と共プロジェクトを推進していくことが求められます。
 
こうしたクライアントのタイプによって、フリーコンサルタントの働き方やタスク内容は異なるのです。

発注元のクライアントが事業会社

発注元のクライアントが事業会社の場合、働き方やタスク内容はクライアントである事業会社の雰囲気に大きく左右されますが、大きく分けて以下2つの場合があります。
 
1つ目は、部長職などの比較的高い職位の事業会社の社員の参謀的な役割を期待され、経営企画や事業戦略などのサポートを求められる場合です。
タスク内容も求められるアウトプットの期待値も高くなり、情報収集・課題特定・解決策立案まで所謂上流と呼ばれる案件で期待される内容を一気通貫で行うことが求められます。
このような場合はクライアントも多忙なことが多いため週に数回のミーティングで方向性決め・進捗報告などを行い他の時間は自分で作業をするなどの働き方となり、リモートワークが基本となることも多いです。
 
2つ目は、1つ目のような案件で決めた戦略などの実際の現場での実行の伴走支援を、事業会社の社員と協働して行うことを求められる場合です。
PMOなどとして全体の計画作成、意見集約や議論のまとめを期待されることが多くなります。
ただしこのような場合でも、事業会社の社員と同じように実行することを求められているわけではなく、PMOなどとして全体の計画作成、意見集約や議論のまとめを期待されることが多くなっています。
現場の社員との協働が必要になるため、密にコミュニケーションを取ることや場合によっては常駐が求められることもあるでしょう。
 
詳しくは「フリーコンサルの発注クライアントのタイプ(事業会社/コンサルティングファーム)と働く上での特徴は?自分はフリーコンサルになれる?」の記事をご参照ください。

エンドクライアントがコンサルティングファーム

エンドクライアントがコンサルティングファームの場合の働き方やタスク内容も、コンサルティングファーム自体の雰囲気に依存しますが、それぞれのファームの雰囲気の違いは事業会社の場合ほど大きくはないでしょう。
基本的にコンサルティングファームの社員と共に働くことを求められるため、そのファームの雰囲気に左右されます。
一般的にコンサルティングファームのケースでは、以下の2つに分類されます。

1つ目は、BIG4などの大手コンサルティングファームの下で働く場合です。
こうした場合はファームの中でも実行フェーズのメンバーが不足しているためフリーコンサルタントに依頼するケースが多く、メンバーとしての役割を期待されます。
具体的には調査、分析、作業計画策定、進捗/計画管理、各種資料作成等が挙げられます。
 
2つ目は、少人数のブティックファームで働く場合です。
こうした場合はファーム自体の人数が少ないため、メンバーロールだけではなくマネージャー以上のロールを期待される場合もあります。
メンバーロールは前項の大手コンサルティングファームの下で働く場合と同じですが、マネージャー以上のロールの場合、プロジェクト設計、メンバーへのタスク設計、MTGファシリテーション、円滑なプロジェクト推進・管理などが求められるケースが多くなっています。
 
詳しくは「フリーコンサルの発注クライアントのタイプ(事業会社/コンサルティングファーム)と働く上での特徴は?自分はフリーコンサルになれる?」の記事をご参照ください。

稼働率・ランク別フリーランスコンサルタントの働き方・タスク内容

フリーコンサルタントの働き方やタスク内容は発注元のクライアントのタイプだけではなく、稼働率やランク(マネージャー・スタッフなど)によっても異なります。
以下では稼働率・ランクごとの働き方・タスク内容をご紹介します。

稼働率80-100%・マネージャー以上の場合

基本的に稼働率が100%の場合は、その案件に自分の働く時間全てを割くことをフリーコンサルも了承していることが前提になります。
そのため、働き方もその案件に付きっ切りにで、基本的にはミーティングや作業に主体的に関わっていくことが求められます。
フリーコンサルの中には、フリーコンサルとして働くのとは別に、自分で会社を起業したり、複数の案件を掛け持ちしたりする人もいますが、そのようなことは基本的に認められず、少なくとも平日は参画している案件に100%コミットすることが必須となります。

そして更にマネージャー以上に求められるロールとしては、プロジェクト全体のモジュール設計・タスクの設計とメンバーとの調整・管理やミーティングのファシリテーション、プロジェクト管理など、プロジェクト推進のためのタスク全般が求められます。

稼働率80-100%・スタッフの場合

スタッフの場合でも、稼働率が100%の場合は求められるスタンスはマネージャー以上と同様に、参画している案件への100%のコミットが前提となります。

求められるロールとしては、リサーチ、各種資料作成、担当部分のプレゼン、計画管理など、マネージャーをサポートしてプロジェクトを進めるための一般的なメンバーロールとなります。

稼働率50-80%・マネージャー以上の場合

稼働率が50-80%の比較的低稼働率の案件でのマネージャー以上に求められる場合は大きく下記の2つに分けられます。

1つ目は、案件が比較的小規模なため低稼働で賄えるプロジェクトの場合です。こうした場合は稼働率100%の案件と求められる役割自体は変わらず、プロジェクト全体のモジュール設計・タスクの設計とメンバーとの調整・管理やミーティングのファシリテーション、プロジェクト管理などプロジェクト推進のためのタスクが必要となります。
 
2つ目は、大規模な案件の一部のタスクの遂行のために低稼働で入る場合です。
こうした場合に求められる役割としては、切り出されたタスクのマネジメント、作業設計、調査・分析、各種資料作成などになります。
 
いずれの場合も稼働率が低いため、別の自分の事業や他のフリーコンサルの案件との掛け持ちも可能になり、常にその案件に従事することを求められるわけではありません。

稼働率50-80%・スタッフの場合

スタッフの場合でも、稼働率が低い場合はマネージャー以上と同様の分類になります。

小規模なプロジェクトの場合は、稼働率100%の案件と求められる役割自体は変わらず、リサーチ、各種資料作成、担当部分のプレゼン、計画管理などに従事します。
大規模なプロジェクトの場合は、切り出された作業の更に一部のタスクのメンバーロールとなります。
 
いずれの場合も稼働率が制限されている分、時間内で完遂できるタスクを与えられて担当することになります。

まとめ

これまでフリーランスのコンサルタントに求められるタスク内容や働き方などを、発注元のクライアント別・稼働率/ランク別にご紹介してきました。
繰り返しになりますが、フリーコンサルタントとして働く場合のタスク内容や働き方はエンドクライアントのタイプ・稼働率・ランクなどにより大きく異なるため、自分に合った案件を探すことが必要です・
そして、案件を獲得するために効果的なのが、エージェントの活用です。
Strategy Consultant Bank(SCB)はフリーコンサルが初めての人にも寄り添ったフォローを行っているので、安心して比較的簡単に案件を見つけることができます。

あなたもStrategy Consultant Bank(SCB)でフリーコンサルとしての第一歩を踏み出しませんか?
ぜひご登録をお待ちしています。

フリーコンサルとして案件を希望する
コンサルファーム出身の担当者がご希望条件にマッチした案件をご紹介いたします。
ご登録者様限定の非公開案件も多数ございますのでお気軽にご登録ください。